天然クエと醤油発祥の湯浅

和歌山へ行った目的は、天然のクエを食べることです。

水揚げが少なく「幻の魚」と言われています。
でも最近では、近大マグロで有名な近畿大学が
クエも安定的に生産できるようになったようです。

それでも、天然クエを食べたいので、天然クエを提供している栖原温泉へ宿泊しました


クエは見た目は大きくてちょっと・・・ですが、白身のキレイな身です


クエのにぎり 上にのっているのは、泡醤油です


醤油発祥の地、湯浅は重要伝統的建造物群保存地区に選定されています


詳しい旅行記はこちらです
和歌山・湯浅旅行記 天然クエ&湯浅
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/23 21:22 ] 旅行 旅行記 | TB(-) | CM(4)

NoTitle

天延クエ!
そう言えば
食べたことが無いかもしれません。
なかなか贅沢な旅ですね~
湯浅も趣のある町並みですね~

そのまま旅行記を拝見していたら
ハウステンボスの記事まで
見てしまいました!
クリスマスのTokoさんのお写真、
夜景も美しいですね!
今もそうかしら?
クリスマスの頃に断然行きたくなりました。
(私が行ったのは15年前の6月です)
[ 2015/02/24 18:43 ] [ 編集 ]

mimiさんへ

クエは、なかなか食べれませんね~
私も、今回初めてです。

旅行記もご覧いただきありがとうございます。
ハウステンボスは、今はもっとすごいみたいですよ!
再開発して、イルミネーションもレベルがUP
私も、また行きたいと思っているのです。
[ 2015/02/24 22:09 ] [ 編集 ]

NoTitle

幻の…は、天然クエだったんですね。
泡醤油も珍しいですね~!

しばらく読み逃げになるかもしれません。
(ごめんなさい)
[ 2015/02/25 10:59 ] [ 編集 ]

まねき猫さんへ

はい、天然クエだったんです。
泡醤油は、とても美味しいし、食べやすいです。
自分でも作れるのかな?って考えてます。

いえいえ、大変な時にお気遣いありがとうございます。
気にしないでくださいね。
[ 2015/02/25 12:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する