クリスマスツリー発祥の地「ストラスブール」

フランス最後のクリスマスマーケットはストラスブールです

アルザス地方の中心都市で旧市街は世界遺産にも登録されています
街のシンボルは、高さ142mの尖塔が目を引くノートルダム大聖堂

クリスマスのイルミネーションとノートルダム大聖堂

そしてビックリするのが、バカラのシャンデリアが屋外の通りの照明に使われています

バカラのシャンデリア


フランスの3つのクリスマスマーケットを巡った盛りだくさんの1日でした
翌日はドイツのクリスマスメーケットを巡ります


フランス・ドイツのクリスマスマーケット ストラスブール
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/26 21:48 ] 旅行 旅行記 | TB(-) | CM(2)

イルミネーション

見ごたえのあるHP、とてもきれいに撮れていますね~♪
ツリー発祥の地だったんですね。

ワイン、カップじゃなかったんですか…。
カップなら記念になるんですけど、ちょっと残念…。

トラムに乗られたのですね。
ヨーロッパは改札がないので、刻印機に通さず、検札で見つかると大変な罰金が待ち受けています…!!
必ず刻印機に通しています(^▽^;

ミュンヘンとウィーンの地下鉄で、普通の乗客だと思っていた検札員2名。
突然、車内で検札を始め…次の駅で下車、ひとりの男性がどこかへ連れて行かれました…。
[ 2013/01/27 09:37 ] [ 編集 ]

まねき猫さんへ

天候が悪くてこんなに撮影が大変だったのは初めてです。
ワインはカップで飲みたかったです~

トラムに乗れたのは嬉しかったです、添乗員さんが別料金になるので多数決を取ったら
全員一致でトラム乗車になりました。
晴れていたら通常は20分歩くそうです。

ヨーロッパは、改札がないので忘れないようにしないといけないですね。
[ 2013/01/27 11:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する