七夕講演会

明石天文科学館
7月7日の七夕に明石市立天文科学館で七夕講演会&観望会があったので行ってきました

日本標準時子午線
明石市立天文科学館は日本標準時子午線上にあってプラネタリウムのドームと大きな時計が特徴です


七夕講演会のテーマは「金環日食限界線はどこに?」

5月21日の金環日食で金環になる北の限界線は明石市内を通っています
でもその北限界線は、国立天文台暦計算室とNASAが発表しているものとで、2.7kmも異なっています
これが各地で限界線を観測から決めようという計画のきっかけになっています

この差の原因は、
1.月の縁の凹凸をどう扱うかの違い(1kmの差)
2.地球の自転が少しづつ遅れていて、この積み重ねの補正(1秒で400mの差)
3.月の重心と中心の違い(1kmの差)


月の地形は、日本の月回周衛星「かぐや」が2007年~2009年の観測で精密に求められているので
そのデータを用いて金環日食の際に見られる月縁の凹凸を予報し正確な限界線が計算されました

国立天文台・助教の相馬充先生とせんだい宇宙館の早水勉さんにより
「相馬・早水ライン」としてホームページ上に表示され知られることになりました

kinkan001.jpg
この「相馬・早水ライン」を計算された相馬先生が、七夕講演会の講師でした
正確な測定はまだ計算中だそうです
詳細な分析を加えて2012年秋の天文学会で発表することになっています


明石天文科学館では、日食メガネによる観測で当日リングになった場所とリングにならなかった場所を
報告してもらいました、その結果ではほぼ「相馬・早水ライン」が正確だという結果でした

PENL2891.jpg
講演会は七夕の飾りつけがされた、プラネタリウムで開催されました


PENL2929.jpg
たくさんの短冊が飾られた明石天文科学館


長くなってしまったので、天体観望会と日食写真展の話は次回にします



にほんブログ村 マイレージ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/09 21:02 ] 日記 | TB(-) | CM(4)

講演会

本格的な講演会ですね。
プラネタリウムで開催されるなんて、いい雰囲気。
七夕飾りがきれいです♪
[ 2012/07/10 12:41 ] [ 編集 ]

まねき猫さんへ

内容は難しい部分も多かったけど良かったです。
七夕は各地でイベントが開催されているようです。
[ 2012/07/10 14:55 ] [ 編集 ]

遅くなりました

七夕 Tokoさんは講演会でしたか?!

それにしても難しそうi-201
数字が苦手な私に理解するのは至難だけれど
Tokoさんは理系の頭脳ですよね。
この講演会だけでなく、いろいろなことを
きちんと理解して、きちんと把握されてる。
すごいなぁって、FC2ブログを拝見しながら感心しきり!

でも考えてみれば、それは旅行記の
丁寧さにも現れているのかな・・・。


やっと シツコイ夏風邪具合もよくなりました。
今日はアメーバブログの登録さんだけしか見られない
ブログ日記になってしまいました。ごめんね。

[ 2012/07/13 23:58 ] [ 編集 ]

秋櫻さんへ

夏風邪たいへんでしたね、よくなったようで良かったです。
講演会私もよくわからないのですが、わかった重要な部分だけを書いてみました。
[ 2012/07/16 16:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する